2017/07/20

主役を食う存在感スイーツ~發記粉麵

団地にある『冬菇亭』(マッシュルームのような屋台)という食の重鎮、

絶対何か絶品や珍味が隠れてるといつも思っています。

表が麺家のこの屋台ですが、

実は一番人気なのは麺類ではなく、

スイーツだそうです。


ぱっと見は変哲もない店構えですが、

昼過ぎだとは言え、

外から見ると、お客さんもほとんどいなかった。

少し怪しいなと思いながら、心配し始めた。


もうちょっと近づけてみると、

ようやくスイーツのメニューを発見しました。

たが、その隣に変な詩に対して、もっと気になります。
(広東語がわかる方なら、笑えますよね?)


それをさておき、

肝心の食べたいスイーツがこの昼過ぎ時間帯でも食べれるか、

むしろ今営業してるか店員にお訪ねてみたところ、

やっぱりここでいつでも食べれるだそうです。

まず一安心で、

すぐにターゲットとする「紅豆涼粉」(あずきの仙草ゼリー)をお願いした。

注文したから、

そのまま適度にあの辺の席を座ろうと思ったら、

店員さんに奥に冷房がついてる部屋があるから、移動しないと勧められた。

なぜ外が誰もいないか瞬時に悟りました。


奥に入ってみると、その通りでした。

真夏のお昼は宿の外か中に食べることが天国と地獄の差ですね。

周りのテーブルにスイーツを食べてるお客さんが見かけなかった、

麺とご飯系ばっかり、

この時間帯でわざわざここまでスイーツを食べる人は普通いないだろう。


不意打ちの注文で、

パタパタしながら、出来上がるまでに時間かかるではないかと思ったら、

そうでもなかった。

3分も待たずに届けてくれました。

これだ!


どうだ!この溢れそうな勢い!

小豆、仙草ゼリー、牛乳がすべて惜しまなく、

たっぷり大きなお碗の中に盛られています。


違う角度を見てください。

こんなギリギリまで入れてくれるスイーツ屋さんはあまり見ないでしょう?


ねっちりとした小豆と固めな仙草ゼリーを使用し、

牛乳を注ぐだけで仕上がりという感じなスイーツです。

単純に三つの材料で最大限を活かした一杯ですが、

なぜか手が止まらなくなってきます。



改めて掬い上げてみたます。

ぎっしり入ってる具材、

男のわたしでも完食するには15分もかかります。


スイーツ自体が「暖かい」と「冷たい」で選べますが、

目の前のが明らかに「冷たい」のがわかりますよね?

猛暑日の中、乾いた喉ををキーンと冷えたスイーツで潤すと、

まさに至福のひとときですね。


ちなみに、なぜか完食するまで15分もかかるかと説明すると、

このつまようじ入れを隣に並ばせてみないとわからない、

お碗のサイズがお分かりでしょうか?

それ以上、満ち溢れてる満杯の状態で、

会計はただの19HKドルでした。

この安さにびっくりされました。

茶餐廳の定番メニューで「紅豆冰」(ココナッツ氷あずき)の価格と比べ、

さほど違わないのに、

この一杯は十分お得です。

もうやみつきになるので、すでにほかのスイーツも食べてみたいです。

いつかチャンスがあるかな?



住所:何文田忠孝街60號愛民邨熟食亭地下3-4號舖
営業時間:0700~2230(月~日)


↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/07/19

神秘な食堂~房屋委員会職員同楽会餐廳

まさしく秘密基地、

日頃は香港房屋委員会(略:房委会)の職員専用食堂ですが、

夜のみ、一般開放して、普通のレストランに変身されます。

地元の友達からの晩餐会の誘いがなければ、

この一生涯もこの場所を知らないはず。

建物の入口からエレベーターを乗るまでまったく表示がなく、

エレベーターが到着してから、

ようやくお店の看板が見れます。


早速中の様子を覗いてみると、

思ったより広い以外、何の変哲もない内装しか印象がありません。

テーブルがほぼ埋まってあり、

ありがたく友達がアポを取ったから、待たずにすぐ座れた。


少し落ち着いてみたら、再び店内全体を見渡せると、

レジと食堂らしいメニュー看板が発見できました。

昼間はきっとこのような雰囲気ではないとすぐわかりました。


存在自体もあまり広められてないため、

我々がこの店の名物と看板メニューが何かさっぱり、

すべて地元である友達に任せました。

一応メニューは一般の屋台やレストランとそれほど変わらないみたいが、

10%サービスチャージ(加一)を取らないことでまず好印象を持たれます。


友達が一通りの注文をしたら、

置かれてるオーター用紙に「群心膳食有限公司」とプリントされると気づき、

恐らくこの食堂を運営してる業者の会社ですね。

オーダー用紙がどうも飲茶用のものみたい、

昼間にここで飲茶できると連想させられた。

職員ではないので、真偽がわかりません。


待つこと10分、まず三品が届けてくれた、

定番の皮をパリパリに焼いたローストポーク(焼肉)、

蜂蜜の芳醇な甘みを感じる叉焼以外、

牛バラの煮込み鍋(咖哩牛腩煲)+ガーリック・トースト(蒜蓉包)は予想外。


最初は別々で頼まれたものだと思いますが、

トーストをカレーを付けて食べるという食べ方の組み合わせものだそうです。

辛い苦手の私でもこのカレーを恐れず美味しく食べれて、

トーストにのせて食べたが、

普通に行けました。

もちろん、トーストだけ食べても十分香ばしいです。


友達から次の一品を絶対食べてほしいと言われ、

ラムラック・ロースト(烤羊架)が出てきた時正直驚きました。

広東料理レストランに羊の出番が鍋以外ほとんどないのに、

西洋風な調理仕方で仕上げったことは予想外でした。

ラム肉と相性のいい香りの強いスパイスでラム独特の臭みを抑えて

赤身と脂肪のバランスも絶妙で、大変おいしかったです。

ラムの大苦手の私でもかなり進みました、

勧められた理由がわかりましたね。


続きは怒涛の定番メニューラッシュ、

不動なゆでエビ(白灼蝦)が文句な新鮮そのものです。


ガチョウのロースト(燒鵝)が超有名店の味に非常に近い、

わざわざ専門店に行く必要ないです。

野菜と春雨炒め煮込み(粉絲雜菜煲)が野菜たっぷり、

皆さんもスープかわりにどんどん飲んでしまいます。

山盛りのチャーハン(揚州炒飯)もありがたいですね。

大人数でもちゃんと一人当たりにわけられます。


楽しい時間があっという間に過ぎて、

そろそろお開きをして、会計したら、「屋台価格」で驚かされた。

ちゃんとしたレストランであり、

サービスを受けたり、冷房もついたり、それでもこの「屋台価格」!

抜群すぎるコストパフォーマンスだから、

いつかの食事会を開く時に絶対ここでリピートしたいと心から決めました。

むしろ多くの人に広めたいです。



帰りに更なるうれしい発見があります。

トイレ行く途中に「房委会」グッズの販売コーナーが見付けた。

ポロシャツ、帽子、ネクタイまでも陳列されて、

グッズあるなんで聞いたこともなかったので、さすが団地関連の総本部!

しばらく悩みましたが、最終的に我慢しました。

悩みながら、写真を撮ったため、あまり映りがよくありませんでした。

(実は酔っぱらってるかも!)

すいません~



そいえば、レストランに行くにはこの中のエレベーターからです。

周りにまったく看板、表示が出ていませんので、

この大きいな「房屋署辦事處   何文田」の看板こそ目印です。

行きたい方は覚えてください。

ちなみに、目の前はバス停、

地下鉄に来たいなら、何文田駅のA出口から徒歩9分です。

ちょっと坂道なので、バスの方がおすすめです。


住所:何文田香港房屋署總部第四座3樓
営業時間:17:30-22:30(月~日)★職員以外も利用できる時間帯


↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/07/17

日常から非日常の空間~天馬快餐

先週ご紹介した【愛民邨】とほぼ同じぐらい歴史を持つ老舗、

意外にも飲茶屋さんではなく、

茶餐廳でもなく、ファーストフードショップです。

リノベーションされたショッピングモールの中に、

まだしぶとく生き残っています。

地元には知る人ぞ知るの存在であり、

香港にも僅かしかないファーストフードショップですが、

はたして、あの頃が蘇らせてもらえるかどうか確認しに行って来ました。


無造作でありながらレトロの店頭先も瞬時にタイムスリップさせられました。

中学生の頃、

毎朝慌てて近所である類似のお店で朝食を取ることを思い出した。

店内に椅子が確か7つしかありませんでした。

余裕のある人なら、ゆっくり座りながら食べるが、

やはりファーストフードショップであること、

出前を取る急ぎなお客さんがほとんどです。


店内のメニューは頭上のところに張り付けてるので、

見上げないと見れません。

プリントアウトされたメニューあるかどうか不明ですが、

常連以外のお客さんがめったにないため、

必要ないと思われてもおかしくありません。


香港の飲食店の店内の雑な構えが強すぎるせいか、

この丁寧な陳列表示を見て、

多少違和感があるが、面白半分で読んでみました。

「小凍杯蓋」=小さいアイスコップの蓋(の置く場所)

「大凍杯蓋」=大きいアイスコップの蓋(の置く場所)

「湯杯蓋」=スープコップの蓋(の置く場所)

「飯更」=ご飯する用のスプーン(の置く場所)

「飯叉」=ご飯する用のフォーク(の置く場所)

たしかに前世紀でよく使われてる言葉ですね。


注文ですが

世界共通のレジで先払い制です。

受け取った渡レシートをカウンターのシェフたちに渡せばよいみたいです。

常連なら、一言で注文できるのに、

わたしのような他所からの人で、

なかなか何を注文するか決められなかった。

すぐばれました。


今まで初めて行く店の数々からの積み上げた経験と勘による、

この「米高漢堡飽餐」(マイケルハンバーガーセット)の目立ち方を見て、

人気か主力のメニューだろうと判断して決めました。


セットからついてるドリンクがホットミルクティーにしました。

そいえば、ハンバーガーとホットミルクティーという組み合わせ、

非日常的な感じで、なんかワクワクします。

すぐ出来上がったホットミルクティーが自ら席まで持って帰って、

一口を飲んでみたら、

まだ生き残られる理由がわかります。

アツアツでコクある味、高いレベルのホットミルクティーです。


10分も待たないうちに、ハンバーガーセットの正体が明らかに、

手作りのハンバーグが分厚くてジューシー、

目玉焼が中に挟んである、

溢れ出しそうな黄身だけでも余計に食欲が刺激されます。

そして、マックや高級レストランなら、

絶対出せない(出さない)クリンクルカットのポテトフライト、

もうこの組み合わせを見つめながら、

California Dreamingという曲がどこから流れ始めた、

映画【恋する惑星】の主人公になりきり、脳内の幻覚が排除できなくなった。

これは個人的なファーストフードショップのもう一つ楽しみ方です。

夢ありがとう!


この夢がどうかつぶさないでおくれい!

住所:何文田忠孝街60號愛民廣場地下G6C舖
営業時間:0900~2100(月~日)

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/07/12

百万ドル夜景を堪能できる団地~愛民邨

地下鉄の開通するまではわたしにとって高嶺の花の存在でした。

規模が九龍一という公共団地がわかったとしても、

なかなかアクセスするには大変でしたので、

ただ遠くから眺めることしかできませんでした。


1973年~1975年の間に落成された【愛民邨】ですが、

合計12棟、世帯数は約6300戸があります。

世帯すべてが香港団地の初代モデルのまま、

舊長型』と『雙塔式』の2タイプに分けられます。


こちらは『雙塔式』のタイプ、

合計5棟もあります。


こちらの『舊長型』のタイプですが、

誰にも通る廊下、誰も見れる場所に普通に干し物をしています。

香港の古き良き団地のあるあるですね。


団地内の施設がとても充実されています。

市場ですが、

団地の落成と伴い開業し始めたが、

2011年、市場が売却されることによって、

伝統な市場の面影は多少残されてるが、

床がすべすべで、汚いが苦手な人なら、

逆にこちらの方が安心で団地住民の台所を確認できます。






団地と同じ年齢の三階建てのショッピングモールもあります。

モールの入口に入ったすぐそこにあるモニュメントで、

開業当時から飾られています。


市場と同様、2007年に売却された後、

一度内装をしたものの、

ある程度開業当初の風貌が多少見られます。

床と壁のタイトもレトロな感じをします。

店も今どきのチェーン店もあれば、

地元に愛される老舗も数軒が毎日頑張っています。


団地内の施設がとても充実されています。

市場ですが、

団地の落成と伴い開業し始めたが、

2011年、市場が売却されることによって、

伝統な市場の面影は多少残されてるが、

床がすべすべで、汚いが苦手な人なら、

逆にこちらの方が安心で団地住民の台所を確認できます。


団地内の唯一現代化にせず、

依然庶民派の味方とする『冬菇亭(マッシュルームのような屋台)が健在

朝方と夜は間違えない激戦区になり、賑やかのはずです。

ランチ過ぎの時間になると、

わりと暇していますね。


団地の中心地にあるバスタミナールも古いタイプのまま、

見覚えがあるでしょうか?

案外いろな路線も通ってるので、

不便そうなイメージもこの機に払拭されました。


以前の団地シリーズにも紹介したことがあると思いますが、

住宅の真下にトンネルのような作りが『凱旋門』と言い、

年代物の団地にしか存在しないスリルスポットです。

残念なのはここ私用車しか通れません。


さすがに大型な団地のため、

なかなか一周するには時間かかます。

そこで作戦変更、

団地の真ん中の大通りに沿って高台に向うことにします。


大通りとは言え、実は坂道です。

それでも軽やかな足取りのままであるポイントに着きました。

見てください、まさかここから香港島まで見れるとは思わなかったでしょう?

もう少しじっくり見たら、ビクトリアピークのピークタワーまで見れます。

香港一贅沢な公共団地と言われるのがわかりますね。

その上、1975年クイーンエリザベスⅡ世が訪問しに来た時に、

自らの足を運んで、【愛民邨】に一般市民を接したり、

見学したりすることが一時期大きな話題を呼ぶ、

あれから「ここは普通な団地ではない」と思われ、

香港をはじめ、海外からの観光客まで注目されました。


さて、団地のエリアはここまでですが、

せっかくだから、事前調査でとっておきな場所でも行ってみることに。

先ほど歩いた道を沿って進むだけ、

紅磡を一望できる絶好の場所に到達します。



そこから下へのエレベーターで「何文田駅」にもアクセスできます。

わたしが逆方向のある細い道に進みます。

あまり知らされてない夜景スポットです。


入口からさらに登り道を10分ほど続き、

あっという間に「京士柏上配水庫遊樂場」に辿り着きます。

植民地になったばっかり頃、

九龍半島にいろな山を数えながら、十二番目ということで、

この山を「十二號山」と名付けられたという説があります。

今でも地図に「十二號山」という名称を見つかります。


「京士柏上配水庫遊樂場」は思ったより広くて、

バスケット場、サッカー球場まで充実されてます。

平日だから、

ジョギングする人以外、あまり人の気配はありませんでした。

球場からさらに階段があって、

登り切ったら、まっさに「十二號山」の頂上に着きます。


周囲の景色が景色をことごとく目に収めることができます。

【愛民邨】にある中学の校舎とその背後もパッチリです。


もちろん【愛民邨】全体も完璧に撮れました。


反対方向に、ライオンロックまで眺めることができます。

付近の新築マンションがどんどん高くなることも原因で、

頭に焼き付けるほど感動する景色にはならなかった。

どうしてもほかの選択はない時に、

あえて夜景を見たいであれば、

気軽に来られると思います。


「京士柏上配水庫遊樂場」をサクッと回るには15分もかかった。

頂上から【愛民邨】までのエレベーターもあることが今更気づいたが、

結局帰る道も来る時のルートにしました。

そしたら、下山道に植民地色の水道局の施設に遭遇できました。

歴史建築にしか見れなくなるのがわたしだけかもしれませんが、

この青いがたまりません。


下山したら、そのまま去っていくと思われるでしょうね。

実は【愛民邨】や【何文田】にいくつの有名老舗をターゲットして、

試してみたいので、

しばらくこの辺までいます。

それぞれのお店のリポートはまた後日に。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ