2019/03/16

ガイドブッでは教えてくれない鹿鳴春の珍味

誰でも知り尽くされてるつもりである有名店では、
定番料理以外、
実はメニューには隠されてる数々のおいしいものがある、
香港人の私すら普段から平気に見逃した、
日本人もきっとガイドブックに記載されるものしかわからないだろう。
同じ思いを持つ香港では有名な美食評論家からの提案で、
今どきには貴重となる老舗である「鹿鳴春」を映像で記録しながら、
ぜひ後世にも残しておきたい伝統の北京料理を紹介する番組を参加しました。


当然ここの北京ダックは外せないですが、
本物の北京料理はこれだけではありません。
①鹽爆管廷 
②炒木須肉実
③鍋燒元蹄
④炸春段
⑤酒糟雞肝
以上もそれぞれの特徴がありながら世の中に忘れかけられています。


紹介されてないから誰も注目してないせいか、
もしそのまま食べる人がなくなったら、
メニューから消える「絶滅危惧北京料理」 になる恐れがあり、
美食評論家とのコラボをして、
普段知らされていない絶品の味を多くの人にアピールできるように、
この番組を実現できたわけです。


定番の定番の北京ダックとフカヒレも当然紹介しました。
味以外のいろいろ食べる側として注目して頂きたいポイントも教えます。
下記の4部分のYoutube映像をぜひご覧ください。








如何でしょうか?
伝統から受け継がれてる味がまだ味わう所が少なっていく今、
グルメ天国という看板を背負ってる老舗が大きな役割を果たしています。


実は収録後にとあるウワサを耳にしました。
【鹿鳴春】のオーナーが近い将来にお店を手放す予定、
買い手もうついてるまではっきりしてる情報です。
これからまだ安定感がある本格的な北京料理を堪能できるでしょうか?
しばらく暖かくお守りをしていくしかありませんね。


住所:尖沙咀麼地道42號1樓
営業時間:月~日(1200~1500・1800~2200)

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2019/03/08

グリーンが満ち溢れてた香港

気づいてる方もいるだろうと思いますが、
香港の至る場所がなぜかこの「グリーン」を目に入る、
思い出してみてください。
街端にはみ出る屋台、露店から、
シンボル的な存在のスターフェリー、路面電車、
約30年前で使用してたピークトラムの車体まで
すべてがこの「グリーン」をテーマ色にした。
実はある理由で専門家からの分析でわかりました。


一般な視点としては、
この色が目立ちながら、耐用性があるという理由で使用し続けた。
一方、
屋台や露店の運営規制に関して、
外貌の色の指定など特にルールあるわけではありません。
基本的に色使いは自由です。


香港大学の副教授の李浩然氏が有力の説明による、
1945年戦後、
香港の経済発展がそれほど著しくなく、
社会的な消費風潮がどちらからというと保守的、
とにかく実用性を重視し、
単価が安いものを選ぶスタイルでした。
香港植民地政府もうそうでした。


この「グリーン」は第二次世界大戦で軍用車両など設備で使用してた色です。
戦後と伴い、
大量「グリーン」と軍艦で使用された「灰色」のペイントが残された。
在庫あまりにも莫大のため、
低価格で政府機関から民営事業までにさばくのが消耗する一番の近道。
まさに当時のニーズにビッタリです。


そして、この色が「緑」であることで、
ちょうど広東語の「禄」の発音が同じで、
福禄寿の「禄」の意味でも取られて、
縁起のよいことで一般市民まで受けられやすい説もあります。


さらに、
戦後まもない頃に、
物資不足の原因もあり、
建物などでも白や灰色の塗装がほとんど、
「グリーン」を使用すると、
目立つことで商売などにも有利ではないかと思われています。


大きなものから小さいなところまで、
この「グリーン」の存在が必ず気づいてると思います。
今もうあまり見れない石油ストーブ(広東語は「火水爐」)、
唐楼の窓枠、かつて公園などでも見れるベンチもこの色です。


しかしながら、
高度経済成長とともに生活も豊かになり、
使用できる物資も簡単に手に入れ、
色使いの選択肢も増えて来ます。
そのきっかけでこの香港の貧しい時代を象徴する色が見れなくなり、
逆に街の中で見つかると、
なぜか親しく写真を撮りたがる存在のテーマ色になっています。


ちなみに、
湾仔にある有名な「ブルーハウス」ですが、
青くになるのがペイントにまつわる偶然だそうです。
返還を機に古くなってる外壁を一新するという発想で、
最終的に取り壊す予定だった「ブルーハウス」を青くした。
なぜ「ブルー」を選んだかというと、
当時政府には最も在庫が多かったペイントは「水務署」だからです。


あまりにも奇抜な色がついてる建物で、
次第に有名になり、
多くの見物する人達まで呼び寄せる魅力にかわり、
政府が心機一転か一級歴史建築物を認定した上、
取り壊しの運命から逃れることができた。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2019/02/18

基礎を教えてくれる老舗~蛇王業

蛇料理と言えば、
間近で蛇の陣から囲まれてる店内で食べるイメージが強いですが、
地元の若い人すら対抗があるのに、
土地勘のない観光客にとって
入店するハードルも高いと思われます。
今回ご紹介したいのが蛇の初心者でも手頃の価格で安心味わえる老舗、
約70年歴史ある~「蛇王業」です。


3代目から引き継がれてから、
たくさんの籠に蛇を納める店内風景を一変して、
シンプルな内装で誰でも入りやすい雰囲気になっています。
また、このお店の蛇料理の特徴として、
できるだけ漢方薬を入れないように調理されることです。
急に突然寒くなり、
体調を崩しやすい時期に香港人が蛇料理で滋養を取る話をよく聞きますが、
実際蛇より調理する時入れた漢方が効いてることも否定できません。
香港のあらゆる蛇料理がお店の手法によって、
味がかけ離れていることもあり、十人十色です。
どれか本格か一言では断言できません。
結局自分の好みで好きなお店で選び通うことが多いみたいです。


お店では蛇羹(蛇スープ)以外、
ほかの小腹を満たすご飯系のものもあります。
亀ゼリーを食べるような感覚ではなく、
しっかりランチやディナーでも余裕に満足できます。
メニューにはセット(大、小)も選べます。
私は蛇羹(蛇スープ)+蛇汁雞配白飯(蛇汁の鶏と白いご飯)をしました。
小にしました。約70年歴史ある~「蛇王業」です。
念のため、
燸米飯(もち米炒め)も注文しました。


まず蛇汁の鶏と白いご飯ですが、
既にたっぷり蛇汁に掛けられて、
一見海南鶏飯か茹で鶏(白切鶏)に見えますが、
やはり蛇汁だけでコロッとかわってみずみずしくなった。
ネギソースなしでもご飯に進めます。
いきなり蛇スープには難しいな人なら、
こちらこらおすすめです。


燸米飯はまったく蛇の要素はなく、
蛇にまだ抵抗があるなら、
とりあえずこれを食べてみてください。
香港で食べ慣れてる炒飯とはまた別のご飯もの、
もち米なのにさっぱりしてる、
温かいうちに味わうのがおすすめです。
ハマる人はハマります。


主役となる蛇羹(蛇スープ)ですが、
蛇の肉以外、鶏肉、キクラゲ、シイタケ、タケノコ、ショウガなどぎっしり、
何と言ってもショウガが効いていて、
蛇スープのオリジナルの味がそのまま再現されています。
癖のない、万人受けの味だと思っています。


テーブルには「レモンの葉」が載せる容儀がある、
ぜひ、蛇スープに入れ加えてみてください。


ほんのりとした淡い香りが絶妙のアクセントとなり、
爽やかな味が世間が蛇スープの味に対する印象が覆されるはず。
ピッタリのマッチングしか言おうがないです。


一度このオリジナルの蛇スープの味を試して、
次のレベルに挑戦したい方でも漢方薬が入る蛇スープも注文してみでは?
お店でも提供されています。


蛇スープを飲んだ人が汗びっしょりぐらい熱くなるという固定概念ですが、
わたし自身はまったく感じていませんでした。
やはり漢方薬が入ってるかどうかカギのようです。
そのため、年中いつでも蛇料理を食べたいなら、
このようなお店が最適だと思っています。
単純に香港の蛇料理はこんなものかを体験してみてはいかがでしょうか?


住所:深水埗南昌街139號地下
営業時間:月~日(11:00 - 22:00)

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2019/02/10

スリルの道は百年前から傑作

香港の繁華街にそろそろ制覇して、
郊外の様子を見てみようと思って、
大体皆さんが最初に思いついた場所はスタンレーでしょうか?
そして、
スタンレー行きバスの途中にダムの上に走る細い道を覚えていますか?
実は辺りは100年歴史もある法定遺跡群です。


全体の貯水湖群が4つに分けられて、
最も施工が早かった箇所が1883年からだそうです。
1917年、最後に完成された貯水湖である「大潭篤」ですが、
当時「アジアの第一ダム」と称賛されました。
今でも落成後まもない建てられた記念碑が健在です。
その横からダムの下への道があります。


ダムの下にはBBQ施設があり、
休日には賑わって談笑の音が途絶えることもなかった。
ダムの建築はコンクリートと花崗岩を併用して、
スタンレーと都心部に結ぶ道を支えて作られた。
本来は海まで面する設計だったが、
波の衝撃に耐えられない恐れがあったから、
今の場所に定められた。
この貯水湖の建設によって、
底に位置する村落「大潭篤村」が沈んだまま消えてしまった。


ちなみに、ダムの下にも取水ポンプ場や管理職員の寮まで建てられて、
香港映画「コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義」のロケ地にもなった。
別に映画ファンでもこの下り道でダムの迫力が十分感じられます。
若い人にとっては永遠のインスタ映えスポットにもなってるので、
決して危険な場所ではありません。
※できれば、付き添い友達と同行するのがベストです。


貯水湖群の21カ所の関連建築を巡るためのヘリテージトレイルがあります。
「大潭篤」貯水湖の反対方向に登って行けば、
大量の植民地時代の美学が目の当たりすることができます。
最初は平坦な道路、
水一本だけでも気軽にハイキングの気分を味わいます。


特に秋、冬の晴れる日に家族連れの人がゆっくり歩きながら、
風景を見たり、写真を撮ったりします。
途中でもピクニックやBBQできる場所が設けられています。
休日になると、
さらに混み合い、事前に場所を確保しておく必要があります。


貯水湖群の奥、トレイルのスタート点にある山中まで歩くには弱1時間、
しかも、坂道になっていくため、
体力に自信ない方が無理しないようにしてください。
めったり歴史建築に囲まれながら、
自然風景と生態も触れることができて、
さらにゆっくり散歩感覚で進めば、
きっと満喫できると思います。
このトレイルに秘められてるウンチク話や逸話はまだまだある、
貯水湖の建設チーフエンジニア【Daniel Jaffe】さんですが、
建設完了一年後壊血病を治療するために帰国、
その二年後に病死、享年46でした。
生前の貢献を記念するために、
湾仔にある道「謝斐道(Jaffe Road)」を命名した。


トレイルのスタート点にはもう一つ重要な歴史遺跡があります。
「群帶路里程碑」というひょっとしたら170年を超え、
道の名前か人を記念するためか地名の記載など諸説が紛らわしく、
当初「阿群」という香港人が瀑布湾に上陸したイギリス軍のため
地元しか知らない道で香港島の北岸までに案内してくれたことを記念して、
建てられた説が有力だった。


植民地警察のバッジや過去HSBC紋章のデザインもこの説をモチーフにした。
ビクトリアハーバーを背景にして、
西洋人らしき人物の二人と立ち並ぶ香港人らしきの「阿群」が絵となり、
上記の説を立証するように見え、
世間に「阿群帶路圖」と呼びます。

(インターネットから引用写真)

(インターネットから引用写真)

しかし、
1967年アバディーンの道端で「群帶路里程碑」が発見されたことによって、
今まで有力と言われる説を覆すようになった。
現在ほぼ真実が明らかに、
「群帶路」とは清の時代の歴史書類に記載された地名、
「群大路」という発音ほぼ「群帶路」と一致する場所ですが、
今のコーズウェイベイの辺りを指し、
植民地になった間もない頃に人口統計を行った時、
わずか50人の漁村でした。


発見された「群帶路里程碑」が現在香港歴史博物館に展示されていますが、
その後、ここにもう一個「群帶路里程碑」も発見されて、
表面に「Victoria 5 miles」、中文で「群帶路十八里」が刻まれ、
裏に「STANLEY 1 miles」、中文で「赤柱十四里」の文字がまだはっきり、
その後、薄扶林ダムにさらにもう一基同類の石碑が発見されたため、
道標的な役割として建てられたに違いない、
そして、「群帶路」という場所は当時植民地政府が香港島の北岸に、
作られた「ビットリア シティー」を指すことと確信されました。
その証拠となった歴史的な石碑が実際まだ触れれるものがここのみです。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2018/12/10

具材を最優先にする火鍋屋~潮牛莊

肌寒く感じる季節になると、
無償に火鍋を食べたくなりませんか?
香港の王道火鍋はもちろん牛を中心するものですが、
実はよく食べられてる牛、むしろ香港人よく「肥牛」と呼ばれるところ、
主な牛バラという部分で、
食感と脂っこさもベストではないです。


今回ご紹介したいのが香港にわずかお店で仕入れできる部位、
最高峰の牛でゆっくりに火鍋を堪能できるお店です。
皆さんのイメージとは違って、
一人ぞれぞれの座る場所の前に個人用の鍋が注文できます。
辛いトムヤムクンから体にいい漢方スープの鍋スープベースも注文できます。
一人様で気楽で自由のように食べれます。


肝心な鍋ようの具材ですが、
当然牛になります。
その中で3種類のものが絶対見逃さないでほしいです。
まずは「挽手」です。
バラに直結する胸の肉であります。
一頭の牛には0.5キロもない貴重な部位でもあります。
最も脂っこさがあって、
3秒~5秒ぐらい鍋に入れたら、食べれます。
すぐ口に溶けるこはなく、しっかり歯ごたえでした。
肉ではなく、刺身を彷彿させた食感の絶品です。


次に「腰咀」です。
頸椎と頭の間わずかな部位で、
牛の香りが茹でた後に思いっきり発散されます。
油が乗ってるものの、
喉越しは非常によかった。


最後は「爪邊」です。
つまり肋骨に最も脂肪がついてる部位です。
ほどよい食感と濃厚な味が特徴で、
牛の大好きな人なら、
絶対飽きません。


しかし、
以上の3種類が品切れ時もあります。
なぜなら、
この店のこだわりのひとつとして、
わずか香港で調達できる「騸牯牛」しか使用しないからです。
(※「騸牯牛」とは以前⇓この記事でご紹介しました。)
https://hongkongsoul.blogspot.com/2017/07/blog-post_1.html

お早目の時間帯の入店か先に予約した方が食べれる確率が高いです。あります。


牛以外、
香港の火鍋を熟知してる人なら、
外さないも結構何点もありますが、
「響鈴」という湯葉を素揚げにしたものがかなり愛されるはす。
お客さんが注文してから揚げるもお店のこだわりの一つ、
だからこのアツアツ、サクサクの食感がここしか味わえません。
体によくないとわかっていてもついつい食べてしまった。


もし牛が苦手の人なら、
ここでも新鮮な魚介類から豊富な品種のワンタンや肉団子も揃われてる、
とにかく、一人から大勢も楽しめる設定されるメニューがあるので、
初めて香港で火鍋を楽しみたい、
屋台や超ローカルのお店に入りつらいであれば、
ぜひ、気軽に入店してみてください。


ちなみに、
お店には個室があって、
噂による芸能人もお忍びで通っているらしいです。
また、昼では昼らしいメニューもあります。
牛バラ麺を愛する人達に必見と言いたいところが、
僕はまだ試したことないので、
超おすすめと正々堂々に言えません。


夜の火鍋なら、
このロケーションと具材の品質では優れたコストパフォーマンスの一軒です。

住所:尖沙咀金馬倫道23號金馬倫廣場2樓A號舖
営業時間:月~日(12:00 - 16:00/17:30 - 01:00)

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2018/12/06

【後編】香港唯一の校内ヘリテージトレイル

本篇は中学聖士提反書院(セントステファン中学)の歴史について、
簡単にご紹介したいと思います。
地元の子供たちへの英語教育を進みたい一心で、
1903年、香港のカイタック空港の産み親の一人~何啓氏を含め、
合わせた8人の商人や学者が植民政府に学校建設の提案をした末、
現在の香港大学の敷地に立地された校舎が建てられた。
1930年、今の場所に移転した以来、
ずっとスタンレーのシンボルの一つになっています。


土地は植民政府から提供されたが、
校舎自体がいろな方々や銀行までの募金で建てることができた。
「書院大楼」内にも当時のそれぞれ投じた金額の記載が残っています。


校内最も先に建てられた「書院大楼」ですが、
ほとんど花崗岩を使用し、
巨大な柱が立ち並ぶでできた回廊が植民スタイルに見える作りですが、
屋根は中国風の瓦が使用された、
香港の気候を考慮した作りでしたが
現在はコンクリートになってしまった。


H型となる2階建ての建物ですが、
前編の話のように今は学生と教員の宿舎や書斎、教員室になっています。


ブラッククリスマスの舞台になったホールですが、
二階に合わせて8000平方メートルの場所で、
蔵書冊数約60,000冊の図書館になっています。
残念なことで、
一般な方が入りません。



全校生徒900人が全体面積約15ヘクタールもある敷地で授業を行います。
香港に珍しい寄宿学校でもあり、
公立ではなく、私立でもない、
多少政府の援助を受けながら、自主性が失わない中学です。
創立当時が男子校だったが、
60年代以後は男女とも入学することができました。


校内の建築群がそれぞれ歴史建築に認定されて、
2008年、香港の唯一校内でできたヘリテージトレイルが設けられた。
一般な方のため、生徒自らガイドになり、
前編もご紹介した「文物展示館」などをご案内して頂きます。


確かにこの広さの敷地内に土地勘がわからない人ではなかなか苦戦です。
いつのまにか生徒の食堂あたりに連れてもらった。
一箇所ではなく、
食堂は数ヶ所も点在されています。
取材当日は日曜日のため、
あまり生徒の姿が見れません。


食堂の隣は「書院大楼」と同じぐらい歴史ある「馬田宿舍」です。
過去の校長先生を記念して命名した建物ですが、
こちらも生徒の教員の宿舎になっています。
食堂とランドリー部屋なども併設されています。
基本的に外に出ずにも生活できます。
宿舎に面するバスケットボール場やテニスコートがあり、
創立当時とあまり変わらないと伺っています。


次は敷地内最も高い場所である教会を案内してもらった。
1950年、日本占領時期を記念するために建てられた。
大虐殺の場所にもあり、
敷地内で幽霊に遭遇する話をしばしば聞いたため、
この教会を立った一説も生徒内にあれから流れています。



教会内になんと言ってもこのステンドグラスです。
収容所になった頃に飢えきった捕虜たちの生活ぶりが描かれています。
想像ではなく、
本当の写真の元に再現されたものです。


こちらは「北屋」、
1952年落成されて、2005年にリフォームされた。
今は女性生徒や教員戦用の宿舎になっています。
目の間にバスケットボール場、テニスコートやバーベキューも完備されます。


とにかく興味深い学校であって、
ところどころからの歴史のみならず、
学校生活の垣間見える生徒による解説がとても役に立ちます。


この二編の記事ではほんのわずかな学校のことをしか紹介できません。
実はこの学校が多く香港の映画でロケされたことがある、
日本人でも知られる作品は下記:
【歲月神偷】、【セーラ】(雛妓)、【空手道】、
【青春の光と影】 (失業生)など、
香港映画が好きな方もぜひ一度訪れてほしい場所です。


一人でもガイド付きでこのヘリテージトレイルツアーが参加できます。
ただし、英語と広東語の解説しか提供しないようです。
下記のサイトで事前に申し込めば、
返事次第にご参加することができます。
https://www.ssc.edu.hk/ssctrail/chi/index.html


ぜひとも、スタンレーの海沿い景色を堪能しに行く以外、
もう一つスタンレーの歴史も知って戴ければ、幸いです。

住所:香港島南區赤柱東頭灣道22號

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ