2017/03/21

懐かしき団地シリーズ~漁灣邨

柴湾に有数の公共団地の中、

日本まで知られるぐらい有名になってるのが『興華邨』ですね。

公共団地巡りながら撮影をするために、

香港まで訪れて来るほどマニアックな趣味を持ち日本人が案外に多いです。

その中に、香港ウンチク話さんからも『興華邨』をご紹介して頂きました。
http://hongkongunchiku.blogspot.hk/2016/03/blog-post.html

そのおかげて、香港団地の素晴らしさが海を越えて伝わっています。

今回、ご紹介するのが『興華邨』ほど偉大な団地ではなく、

単純に40年前から新規開拓の町づくりの一環として、

建てられた典型的な団地~魚灣邨。


名前通り、かつては漁港だった柴湾ですが、

70年代より工業の町に変身する計画とともに、

埋立地になり、居場所が失った漁民ために建てられた団地でもあります。

当時、漁船から団地への移住する人が少なくありませんが、

現在はどのぐらい地元が元漁民がわかりませんです。





団地なら、当たり前の施設~遊園地、散歩道もありますが、

公衆トレイまでしっかり常設されてるのが初めて見るかもしれません。

訪れる方にも心配なくご利用できますね。



外観のペイントが全部ピンク調のことも話題になっていました。

ファッション誌とかも撮影しに来るこもあるだそうです。

団地に関する情報ですが、全部合計4棟、全て【旧長型】の設計で、

その内3棟が7階建て、1棟が22階建てです。

推定6000人ぐらい住んでいます。



古い団地と言えば、

タイムスリップしてるような小売店、レストランの存在です。

今どきの新団地内の綺麗なモールが直結したりすることと違い、

チェーン店はセブンイレブン以外、

ほとんど見当たりません。

実はこういうところこそ宝がたくさん潜んでいます。

じっくり探してみれば、

意外な発見があるかもしれません。


そして、古い団地のもう一つ楽しみは「茶餐廳」です。

あれだけの年数の団地であれば、

あれだけの老舗もあるはず、

地元にしかわからないお店は見逃すわけにはいきません。


【香江茶餐廳】一連の昭和の香り漂う看板は如何でしょうか?

漁灣邨の歴史がイコールこの茶餐廳の歴史、

外観は当時からあまり変わってないようです。



入ってみると、膨らんだ期待とは裏腹にレトロ感がありませんが、

そこそこ老舗な感じはします。

ちょうどランチの時間のため、

周辺の学生や工業ビルからのサラリーマンも店に集結しています。



注文したランチセットはこれです。

咸魚肉餅飯(ハムユー・ヨクベンファン)、

咸魚と豚ミンチを蒸し上げた簡単な料理とホットミルクティー、

スープはもれなくついてきます。

全体あっさりで家庭的な味もします。

絶品とは言えませんが、

庶民の味覚を知りたいなら、この茶餐廳は標準になれます。

また、価格設定も香港基準の中で並みという感じ、

団地だから、もっと安くしてもいいと思ってるのに、

やはりいぐら古いとは言え、

家賃はどこでも上がる傾向ですね。



茶餐廳にいるわずかですが、

ランチ時間もあれだけ忙しいであれば、

取り壊すまでは安泰だろうと思います。

既に政府から団地再建計画リストの中に入ってるみたいですが、

今だ決着がついてないみたいので、

もし柴湾の『興華邨』を巡ることがあれば、

ぜひ、余裕ある時にも、漁灣邨も立ち寄ってみてください。

もう二度と見れない古い団地になるかもしれません。


香江茶餐廳の住所柴灣漁灣村漁順樓5至6號地下
アクセス:地下鉄の「柴灣」駅のD出口から徒歩8分程度

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/03/16

客家を代表する一族住宅~曾大屋

わずかの取り残されてる囲村の中、

「客家」を代表する囲村と言えば、

沙田と大圍の間の「曾大屋」に違いません。

1847年に【曾貫萬】という人が曾一族の数十人を連れ、

中国内陸から香港の筲箕灣まで出稼ぎに来られて、

そこで採石によって少しずつお金持ちようになり、

将来の曾一族のために、この静かな場所を選び、

お城ような大型住宅を建設しました。

1867年の完成のため、もう今年ちょうど150年になります。

昔では、他所の敵と盗賊の侵入を防ぐためにお掘りまであったが、

さすがに今はなくなっています。


一般の囲村のイメージとは変わらず、

レンガ作りの城壁で囲んでありますが、

徹底的な違いのが正面の玄関口から主軸は路地ではありません、

外部の「上堂」から、「中堂」、「下堂」と複数の堂を方形に配置した、

左右に建物が伸びていくのが客家という「夥房」の根本の構成だそうです。

ちなみに、「夥房」とは一族も住まれるような「住宅」、

そのため、厳密に言うと、ここは「囲村」ではなく、

「客家屋」と称すべきです。


では、ここから入ってみます。

いろいろ調べたところで、玄関口のこの門ですが、

かつては原住民の女の子が誘拐された後に取り付けたものだそうです。

なかんか見たことない形です。


まず、「上堂」を抜けて、左右にも普通に生活されてる村人がいます。

ただし、三分の一は住民ではなく、あとから入ってきた人だそうです。

普通に生活感が溢れています。(三分の一は空き部屋だそうです。)


「中堂」に入る前に、「祥徵萬福」と書かれてる石額が見れます。

これもまた歴史的なもので、1865年の清王朝から、

1865年、九龍城砦に駐在された清王朝の最高代表から【曾貫萬】のため、

本人から書き下ろしたものだそうです。


最も観賞価値高い所と言われてる「中堂」に入っていくと、

【曾貫萬】本人の肖像画が見れます。

写真には写っていませんが、

その下には巨大な屏風が飾られています。

屏風の上に金箔の材料によって描かれてるお祝い言葉があります。

これも100年以上のもので、今でも大事に保管されています。


それ以外、曾一族の一連な関連人物の写真なども並ばされて、

厳粛な空気が流れてると感じます。


また、曾一族が当時の官僚登用試験に積極的に受けに行かせるため、

「自宅」内に専用の勉強部屋も設けてる話が聞いたことがあります。

二階のこの辺りだそうです。

1870年、曾一族の【曾蘇】から挙人の資格が取れたことで、

自慢の歴史として、今でも語り続いてる模様です。



開放感ある中庭から空が見れます。

両側に人が住んでるところもあるが、

基本的にここものすごく静かです。

この中軸が政府から補助を受けてるため、

150年の歴史の古さを感じながら、ちゃんとメンテナンスがされています。

補助を受ける条件として、一般公開を容認することです。

そのおかげで、我々今でもこの建築物の中身がみれます。

それ以外の部分に補助はないため、

対照的に老朽化が目立ちしています。




「下堂」には入ってみましたが、

ご先祖様たちのお位牌が安置する場所であり、

お奉りする場所として利用されているようです。

写真を撮らずに一礼をしてから外へ出るようにします。

昔から引き継がれて、

今でも使用されてるこの横になってる柵もなかなか貴重です。


これだけのどころしか一般市民に公開されていませんが、

既に見所満載、

細かいところまでぜひ注目してほしいです。

犬の出入りのためで作られた専用通路(穴)もう見つけた、

建築当時に既にそこまで考えたことも脱帽です。

都会の喧騒から離れるこの大きな古びた建物ですが、

既に一級歴史建築に認定されています。

現代化によりコンクリートの森の群れから迫って来てる中、

しばらく絶好の位置で生食していてほしいですね。


アクセス:地下鉄の「車公廟」駅のD出口から徒歩10分程度

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/03/11

OPENRICEに載せてない庶民食~蔡記荳品店

香港迷のみならず、

遊びに来る常連さんもご存知するグルメサイトやアプリ「openrice」ですが、

今だ記載されてる超隠れ屋的な店も少なくありません。

地元しか知らない存在のお店がただただあります。

以前からたまに非観光地の「石尾」である庶民生活に欠かせない屋台

茶餐廳を紹介したことがありますが、

最近になり、おしゃれなお店がひそやかに増えてくる一方、

地元の台所として、

ともに40年以上この地区に運営し続いた石硤尾街市ですが

再建するまではあと二年もない情報が耳に挟まれた。


過去の取材では紹介し切れなく、

きっと様々な香港らしい風景、人情、味が発掘できそうではないかと思い、

また来てみたいと思いつつ、3,4回にしか来ていませんでした。


その中、街市内の一番最初に訪れたい場所はこの「豆腐花」屋さんです。

冒頭の話のように、

openrice」には記載されていません。

地元からのSNS写真と口コミで知ってから、

興味が沸いて来ます。


今どきの豪華をした「街市」と違って、

内部の照明が微妙に暗く、

「小心地滑」(滑り注意)を年頭に入れながら歩く床、

どれの看板でも特徴ありながら、

古臭いこそ香港の高度成長期を支える街市です。

ここは普通に豆腐や豆製品に販売されてるお店ですが、

店内の奥にはなんとか座れそうないくつの椅子が見れます。

タイムマシンを乗って40年前に戻って来たようです。

レトロ風なリメークのお店にはどうしても出せない風味です。


壁に貼り付けた赤いメニュー、

席から行き返し地元姿を眺めながら、

「豆腐花」を注文しました。

豆腐製品を如何にさばくかも一つの見所ですね。



あっという間に「豆腐花」を持って来てくれました。

あまり見たことないこのお碗の絵柄、

食べる前にも既に食欲がそそられます。

店によって、注文時点に「黄色砂糖」を入れてくれたりしますが、

店内の奥にはなんとか座れそうないくつの椅子が見れます。

最初から何も入れないのを味わいたいと思う人、

事前に「唔要黄糖」(ン・イュウ ウォントン)と話しておいてください。

基本的はここは何も入れず持って来ます。



超有名店ではないが、味も超抜群ではないとは言え、

なめらかな食感と豆を十分生かした味の逸品に違いないです。

たったの9HKドルで、

街市喰いが体験できるなんで、安すぎます。

しかも、近い将来2度と食べれないかもしれない味です。

小腹をさらに満たしたいであれば、

そのほかのも食べてみてください。


この一杯が秒殺でした。ごちそうさまでした。

ますますこの地区に対して、行って見たくなりますよね?


この店から「石尾」散策の始まりか締めでもよい場所です。

決して華やかなエリアではないが、

香港人、特に香港の発展に貢献した年寄たちの生活ぶりを見たいなら、

最適な地区だと思います。

個人的はおすすめです。


住所:石硤尾巴域街石硤尾邨商場地下106 號舖 

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/03/06

知らざるスターフェリーの魅力

香港名物の定番中の定番~スターフェリー、

昼でも夜でもヴィクトリアハーバーの景色を楽しめる交通手段として、

世界中に知らしめた乗り物ですが、

皆さんが景色ばっかりを堪能したりして、

スターフェリー自体についても、

もっと関心を持って、愛着を持って頂けるように、

あまり知らされてない「魅力」をご紹介します。


スターフェリーと言えば、あの煙突にある星のマークです。

まさにスターフェリーの命名もあの「星」からです。

1852年ゾロアスター教のバース商人が香港に渡り、

セントラルとチムサーチョイを結ぶ海運会社が設立されました。

1898年に今スターフェリーの所持者~「九龍倉」に買収され、

「曉星(Morning Star)」と名付けられた1階建ての船が第一号のため、

現在の名称、『スターフェリ~「天星小輪公司」』に改名されました。


乗船する際に、外の景色ばっかり眺めるではなく、

船内も山ほど貴重な作りが見られます。

スターフェリーの船隊が全て50年以上も現役されています。

掲示で使用されてる書体、配列も当時の風味になっています。


この船頭が我々子供の時、どうしても誰もより早く座り込みたいところです。

理由がはっきり思えていませんが、

当時の争奪戦ぷり今でも鮮明に覚えています。


このたった一人の客席の存在がご存知ですか?


昔、窓の開け閉めは可能だった覚えがあります。

いつのまにかできなくなってるだろう?



ここは窓にシェードカーテンが付けられた形跡があったが、

この辺の記憶があいまいで、なんとも言えません。





様々な細かいなところから物語っているように見えますね。


ベンチの背もたれにこの表示は近年追加したものだと間違いなく言えます。

今だでもスライド式で、

向きをセルフサービスで変える必要だと知らなくて、

戸惑ってる人にすぐ教えに声を掛けたくなります。


センターの煙突中央位置も結構見所満載ですが、

なぜか運行中の時は誰も近付けなく、

下船する時に人が集まってくるようになる時に、

やっとこの部分を関心するようになります。




実はもっとも紹介したかったのが二階ではなく、一階でした。

あの暗くて、ガソリン臭い、機械による噪音から囲まれてる船倉、

二階よりレトロ感が増します。

かつての香港人が今のような裕福ではないため、

少しでも節約するように一階を乗る庶民が今以上たくさんいる、

まさしくあの古き良き時代がつまってる船倉です。


自転車、車椅子の人がスターフェリーを利用したい時に、

大体一階までに案内されていますが、

でも、乗りたくても乗れない時があります。

繁忙時間しか一階を開放しない航路があるとご存知てすか?

意外と一階の乗船経験が貴重ですね。


スターフェリーのボディー色は何を意味するかどういうと、

白は空、緑は海、

海空の融合という表すだそうです。

皆さんはどう思いますか?


65歳以上のシニアは無料乗船が実施されています。

果たして外国人でも通用するか調べてみたが、

結果は明記されていません。

パスポートで年齢を証明することできれば、

シリアのオクトパスでも購入できるのに、

フェリーでも行けるだろうと認識されてる人もいるみたいです。


一方、いくつ特別な乗船券が発売されてることも知っておきましょう。

まずは4日間の乗り放題乗船券、わずか25HKドルです。

次は月間定期券です。125HKドルで指定区間で乗りたいです。

ちなみに、定期券の購入時に写真の提示が必要です。



船体以外、海員を含め、スターフェリーの名物です。

人生の先輩たちの皆さんからの経験談なども聞いてみたいです。

ある船長からの逸話ですが、

まだ数十年前に就航中のフェリーの近くに

泳いでるドルフィンが何頭も見かけたらしいです。


香港の変化に立ち会ってるスターフェリーですが、

まだまだ話題が尽きないはずです。

いつまで我々の変化を見守ってくれるだろう。


↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ