2017/05/23

レアのひと時~九龍バスの社員カフェ

二階建てバスのない街風景は香港ではないというほど象徴的、

その中で、九龍バス(九龍巴士)がまさに代表的なバス会社です。

創業80年以上の九龍バスですが、

その関連グッズや記念品を集めってるファンが少なくない、

皆さんがまずは『80M巴士專門店』をチェックして、入手します。

バス以外、タクシーや電車、飛行機までいろいろです。

ちなみに香港内の店舗の住所は下記です。
上環德輔道中323號西港城地下17-18號舖
旺角洗衣街179號地下A舖
旺角朗豪坊11樓33、35-36號舖
尖沙咀天星碼頭KP-4號舖
荃灣荃灣千色匯1樓1005號舖


さらにバスと近距離のご対面したい場合、

マニア級の人がバスの車庫まで訪れて行きます。

九龍バスの車庫と言えば、

茘枝角に立地される巨大な車庫が多くの方に知らされていますが、

実は九龍湾にも車庫があって、

その上、予想もしなかった施設が秘められています。


今回訪れた九龍湾のバス車庫ですが、

恐れ恐れ正面の玄関口に入ったら、いきなりカフェが現れています。

実は目的があって、カフェがあることを知っていた。

少し前に茘枝角の車庫に入ったことあって、

同じくカフェが設けられていますが、

九龍湾の方がスケールが違いすぎます。

まるで本物のカフェのようにきれいな椅子とテーブルが置かれています。 


さらに予想外のが九龍バスの歴史博物館のような展示会場にもなっています。

過去に香港中に走り回ったバスの模型が多数並ばれています。

それほど詳しくないわたしにも興味津々で見つめてた。
  


しばらくしたら、本来の目的を思い出しました。

それはここで奶茶(ミルクティー)を飲むことです。

カフェという建前、通常はバス運転手の休憩室みたいな空間だそうです。

そして、バス会社の社員しか利用できないカフェですが、

一般人でも注文可能と口コミで聞いたから、

一度チャレンジしてみたかった。

奶茶(ミルクティー)以外、

コーヒーやシュウマイ、フィッシュボールなどおやつ系な食べ物もあります。


ここでワンポイント、支払はオクトパスしか受け付けない、

事前の用意を忘れずに。


当日かなり遅い時間帯で行ったためか、

奶茶も売れ切り、しょうがなくコーヒーにしました。

この一杯は紙コップでもらったが、

何か違うと冷静に対処を考えてみました。


そうだ、今回来る目的はこの紙コップ用のスリーブです。

どこでもない、ここしか入手できないレアものです。(持ち帰り可能)


【コップについてないことをスタッフに言ったら、

とっておきな場所から出してくれました。】


この一杯を飲みながら、コップとスリープの組み合わせを見ると、

九龍バスからのおもてなしを頂いてると感じします。

ファンの人にとって、至福のタイムだろう。

すぐ飲み干すのがもったいないので、

しばらく九龍バスの展示品の鑑賞を続けます。

模型以外、当時の切符とその関連金具、運転手の帽子、

歴史書籍などなども展示されています。




途中、バスの運転手が次から次へと入ってきて、

エレベーターで上がって行った、

他所からの私に対してもあまり驚く様子が見せなかった。

普段でもよく外来者が入って見学することに慣れているようです。


展示品は大量ではないですが、

どのアイテムでも見応えがある、

今のエアコンバスしか世話されてない方なら、

きっといい勉強になると思います。




庫ビル自体ですが、

カフェと展示館のほか、社員のための施設はまだまだあります。

小売店のチェーン店の「阿信屋」までに入ってあります。

社員証明を出したら、特別な割引が効くみたいです。

最も衝撃だったのが、社員専用のジム、床屋も設けられています。

食堂と同様、社員ではないと立ち入らないはず。 


最後はバスの出入りも一目瞭然エリアに来てみました。

写真撮影は自由ですが、

くれぐれも邪魔しないように、

ご自身の安全をしっかり確認してください。 


住所:觀塘區九龍灣臨華街1號

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/05/22

新旧融合の成功例~華爾登餅店

西環に5回も及ぶ転々とする30年歴史以上の老舗、

地元には知る人ぞ知るの存在、

伝統なチャイニーズケーキ、香港人が普段食べてるパン類から

若い者に人気のマカロン、マフィンまでも販売されています。


店内の品ぞろえの幅広さでお店の初代と二代目の絆が見えてます。

初代は自らパン作りを習得して、

地元に求められてるものなら、

なんでも作るという考え方を持ちするお父さんであり、

数年前、お亡くなりになった以後、

二代目が引き継いだ後に、お父さんの結晶~お店をより長く持つために、

新要素を入れて行かないといけないと思って、

地元以外の人も追い求めてくるものを作り出してみた。



二代目が元々アートが得意で、その才能を生かし、

店内の表示から、商品の上までにアートを付け加え、

一般の伝統なパン屋さんの雰囲気とはまた違います。

ただし、いくら新商品の受けがよかったとしても、

お父さん時代から提供してるパン類は決してやめていくことはしません、

依然店内に並ばれています。

お父さんのこれらのパンがあるからこそお店があるという一心だそうです。



今でも毎日店内で手作りにこだわっていて、

お母さんとふたりでお店を支えています。

話による、1年前ここに引っ越した理由は高騰の家賃でした。

以前のお店の家賃ですが、

地下鉄の開通のおかげで、まさか100000HKドル近く上げさせられた。

どのぐらいのパンを売れば、家賃を払えるだろう。

それでも、お父さんのお店が辞めたくなく、

今の住所に移ることになりました。


わたし、店内にいろな商品を物色してたが、

あまりにも種類が数多くて、本当に迷いに迷いました。

伝統なパンも食べたいですが、

二代目から作り出したかわいいキャンディ、クッキーも捨てがたいです。

写真だけでは、その香港人らしさの出来具合が見れないが、

ぜひ、一度訪れてみて、きっとこれ以上の大発見があると断言できます。


結局悩んだ末、最近密やかにブームになってるクッキーにしました。

多彩な味と色取りが揃われてるし、

それ以上、合理的な価格設定に心打たれた、本当に安かったです。

ちなみに、2014年の雨傘運動が行われてる際、

お店からデモ隊に応援なクッキーの仕入をしました。

クッキーの表面に黄色の傘の絵柄とその味が話題を呼んだ、

それによって、今お店のクッキーがヒットし続けています。 


購入した後は早速頂きます。

手作りで丁寧に作った感たっぷりの美味しさです。

無添加だから、なおさら安心食べれますね。

個人的はこのうようなクッキーこそ香港のお土産代表になってほしいです。

気持ちをこもって作ったものがやっぱり違いますね。


5度目の引っ越しに及ぶ小さいお店ですが、

今度こそ落ち着いて、しっかり地元をはじめ、

香港人からも愛されてるパン屋さんに経営して続けると願っています。

二代目の名は『Naomi』さんです。



住所:西環第二街120-126號仁福大廈地舖
営業時間:0800~2100(月~日)

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/05/18

邪道の美味しさ~肥哥車仔麵

石硤尾と言ったら、

実はある『車仔麺』屋さんが香港で五本の指に入る名店です。

せっかく来たので、その魅力を迫ってみなきゃ!

グラフィティのような看板が目印です。

※車仔麺とは好きな麺に好きな具を自ら選び、のせる食べ方を指します。


どこの店もまずこの一枚の注文シートをもらってからです。

表記されてる具材や麺類、辛さのレベル、

店内で食べるかテイクアウェイもこの一枚で記入すれば、

店員に渡した後は待つだけで済みます。

ちなみに、前払い制が実施される店が多いです。

大体、注文シートを渡して、すぐ金額を算出してくれるので、

その際に払っておけば、帰りは何もせずに店か出ればいいです。


さすが名店、平日のランチにもかかわらず、

常に待ってるお客さんがちらほらしています。

行列はできませんので、何人か店員に教えておけば、

空いてくる時に誘導してくれます。

一人なら、当然すぐ入れる可能性が高いです。
  

店の外に追加されたテーブルまで満席でした。

この人気ぶりは本物ですね。


待つこと10分、やっとわたしの分を持ってくれました。

これです!!

麺類は【河】(フォ)、

具材は牛バラ、大根、手羽先端(鶏翼尖)、微辛にしました。

微辛にしました。払い制が実施される店が多いです。 


一般の牛バラ、ワンタン麺の味は王道とすれば、

ここの車仔麵の味は邪道と言ってもいいと思います。

具材はもちろん時間をかけて煮込んだものばっかりですが、

重点はこのスープ、時には主役になっていることも、

妙に全ての具材に合うようにアレンジされてるからです。

多種類の新鮮な唐辛子と素材から調和されたものにもかかわらず、

わりと辛さに苦手のわたしてもおいしく味わえた、

しびれる辛さではなく、具材のうまみを引き立てる辛さです。

虜になる理由が解明できました。


30年以上もこの片隅の一角で経営し続けられてるのが、

オーナーの【肥哥】が毎朝4時からスープ作り始めるが大きかった、

その目当てで来る常連も少なくありません。

また、ここの『空芯菜の腐乳掛け』もなかなか絶品らしい、

周りに結構注文した人を見かけた、

次回、また伺う時に、絶対食べてみたいです。

まだ『車仔麵』を未経験の方なら、

ぜひ、ここで初体験してみてください。


住所:石硤尾白田偉智街38號福田大廈地下55號
営業時間:0800~1900(月~金)、0800~1930(土)
定休日:日曜日



↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/05/17

降りてみたくなる駅~石硤尾

地下鉄がよくご利用される方、

通過してる駅に「ここに一体どんな街か」とふと思ったことありますか?

ガイドブックはもちろん紹介されていません、

地元に聞いても、

「大した面白いところではないよ!」と否定的なコメントばっかりです。

では、香港魂の目線で『一度でも降りてみるか』の誘因をピックアップして、

皆さんで判断してもらいます。

今回は降りてもらいたい駅は【石硤尾】です。

実は以前にもいくつ【石硤尾】に関する見所をご紹介しました、

脱香港初心者ツアー


懐かしき団地シリーズ~南山邨


OPENRICEに載せてない庶民食~蔡記荳品店
全部を重ねていくと、案外濃いな場所と改めて感じ取っています。


今回は一箇所をしぼり、

それほどぶらりしなくてもこの年寄ばっかり生活圏と、

若い世代の通い場所の魅力を間近に感じる場所に行ってみました。

目印はこの【福田大廈】です。

まるで香港の縮図、新旧や華洋折衷生活がうまく融合されています。


まず、地元に欠かせない雑貨屋さん、床屋さん、

相変わらずしぶとく営業されています。

このマンションに住民のためだけではなく、

香港公共団地の生れ土地に周辺数々の地元たちのためもあるだと思います。


広東語で『商場』の意味は『モール』ですが、

今になり、本当に日常生活のためのお店しか見つからない、

飲食店もその一つです。


朝からゆっくりできる飲茶屋さんが昼までこの繁盛っぷり、

きっと皆さんのたまり場になってるはず、

年寄り以外、若い人も交えたりする姿が見えます。

一つテーブルでも一人で余裕に占用できますよ。

【食德好美食】住所:石硤尾偉智里38號福田大廈地下
     営業時間:不明



そして、串焼きまで充実されています。

ベトナム料理と書かれていますが、実際はどうだろうね。


この店の隣に進むと、コロッと雰囲気が変わってきます。

とてもおしゃれなジュース屋さんがあります。

最近1年出来たばっかりだそうで、

お客さんの好みを応じて、

多種類のジュースをミックス混ぜてくれる、

ようは「車仔麺」のジュースバージョン、

学生たちの間には人気だそうです。

【Green Truck】住所:石硤尾偉智街38號福田大廈65舖
      営業時間:1100~2100(月~日)



ただの一軒だけではなく、いくつの若い人向きのショップも発見できます。

ちょうどお休み中のこのお店は一体何屋だろうと思われるほど怪しい、

ギャラリーのように見えますが、絵、刺繍などの販売もあり、

皆で歌ったり、手話をしたりことも行ってるみたい、

不思議ですね。



ちなみに、お休み中とは言え、

店外にいろな展示品も触れ合うことができます。

とにかく、疑問だらけのため、次回また伺いたいなと思ています。

【Quite Quite】住所:石硤尾偉智街38號福田大廈61舖
         営業時間:1500~2100



今度は【TOOLSS】というカフェ、単なるまったりできるカフェではなく、

世界中の文房具が集まれて販売してるカフェだそうです。



50ドル以上の消費をすると、

とっておきとされてる文房具ボックス内の道具を使い放題に、

ポストカードやノードで好きなようにデザインすることも可能です。

単純にコーヒー一杯を味わう以上の愉快な時間が得れるはず。

そいえば、ここのチョコレートクッキーは名物だそうです。

【TOOLSS】住所:石硤尾偉智街38號福田大廈地舖
    営業時間:1200~2000(月~日)



最後は【福田大廈】から一本道の向いに一時期注目されたビル、

PMQの前世と言っても過言ではない、

工業ビルだった建物から、【JCCAC~

【JCCAC~賽馬会創意芸術中心】という若手のアーティスト、

デザイナー、起業者のため、

ワークショップやスタジオが提供できるビルに変身されました。


9階建て、約110,000フィートの建物内には、

たくさんなアーティストや組織が存在しています。

今回はあまりにも時間はなかったため、

ほとんど回ってないと言ってもいいぐらい残念でした。


最初ビルに入る目当ては【喜居生活】でした。

香港で育つ農産物、アイスクリームから、

香港製造の生活雑貨までも揃っています。

今まで見たことないものを一通りにチェックしたかったです。

他所に見れない商品がばっかり集まれて、

見るだけでもワクワクたまりません。

とにかくお越しするつもりであれば、

たっぷり時間のご用意をおすすめです。



一応アートセンターだから、

あらゆる場所にも奇抜な展示品が見れます。

この大きな赤い椅子があの赤いランプにそっくりではありませんか?

街市でよく見かける『赤いランプ』ですよ。


入場無料だから、一般方でも気軽に入れます。

ビル内に休憩する人も少なくないようです。

ワークショップ、スタジオ以外、カフェとレストランも備えてるので、

短時間に回り切れなくても、お腹の方に心配必要はありません。


この角度から見るビルの一角、

PMQを彷彿しませんか?

とにかく、まだ【JCCAC】の全貌を知らない方、わたしを含め、

一度を来てみた方がいいかもしれません。

意外な収穫が必ずある予感です。

【JCCAC】営業時間:1000~2200(年中無休)
※スタジオやワークションによって営業時間、休業日が異なります


【JCCAC】から出て行ったら、

以前既にご紹介した【黒地】という雑貨屋さんが目の前にあります。

モダンな家庭用品店
http://hongkongsoul.blogspot.hk/2017/02/blog-post_6.html



ほんのわずかな狭い範囲に、

これほどバリエーション豊富の香港色が見れて、

予想外の方が多いではないでしょうか?

交通便利のわりに、薬屋、スーパー、ジュエリーショップもありません。

これこそ本来香港の風貌だと皆で見てもらいたいです。


↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ