2015/10/23

茶果嶺村

街中の古い村、

以前ご紹介した衙前圍村牛池灣村よりさらに東へ、

聞いたことあるような名前、

でも実際行ったことない村~「茶果嶺村」に行って来ました。


19世紀から中国広東省の惠州客家の移民がここに移り住み、

現在およそ2000人も住んでいる村です。

1922年頃、英語名前「Rocky Hill」と言う、

当時の地図での表記は151メートルもあった。

花崗岩が採取できる山として、この周辺で働きに来てる人も多かっただろう。

そのおかけで、山から今の丘になったね!

では、なんで「茶果嶺」に命名されたかどういう、

山中にたくさんオオバギの木<広東語は「茶果樹」>があるからです。


村の中、ほとんど年寄、新移民しか取り残されていません。

普通に村の細い通りに歩いても、

あまり異様な目線を感じられなかった、

意外と小さい店があっちこっち見かけます。

綺麗な看板はない、特別なものを売ってるわけでもない、

ただ、ただ村人が暇つぶし的な感じでやっています。

話を聞くと、物件や場所は所有物であって、

商売する以外、使う道はありません。


石なり、鉄板なりで作られた家が散らかってるように見えるが、

村に吸収され、村は一つという感覚になり、

空間の利用は独特です。

その中で、

一番目立つのが下記写真の右側の家、

100年以上も建てられた「羅氏大屋」は一番有名、

最盛期は200人も中に住んでいました。


     

「茶果嶺村」と言えば、天后廟も外せません。

清代の時、この茶果嶺山での花崗岩で建てられ天后廟ですが

毎年の天后誕になる、数多くの旗を立てて、

仮設ステージを設け、

粵曲などの催しを行い、

とても賑やかで、

普段の時間が止まってる村のイメージとまったく違ってきます。




天后廟あることは、ここ元々海沿いということです。

確かに大きいな通りに渡れば、

既に西灣河、太古を眺める海が見れます。

50年代、政府が觀塘を発展することになり、

今までちゃんと道一本もなかった茶果嶺村の目の前に、

広い「茶果嶺道」ができました。

海との距離が少し離れましたが、

車や大きいな建設が増えることはなく、

現在まで至ります。 


政府が既にこの場所に目をつけたが、

なかなか住民は条件を飲めません、

しばらく膠着状態になり、

静かな日々はまだいつも通りに送っています。

最後に、村前の大通りに抜け、

埠頭らしい場所で実は夕日を見る絶好の場所、

釣り好きな人も何人いました、

こんなプレミアムな場所、

あの日まで香港魂は全然知りませんでした。

大事にしなきゃ! 



0 件のコメント :

コメントを投稿