2014/06/22

ミニバスの歴史

ミニバスの誕生

遡って、1967年香港で起きた暴動事件はきっかけでした。

既に1960年代から、

9人程度乗るミニバンが新界(New Territories)で運営し始めてる、

家賃が一般バスより高く、

短距離を中心する路線がほとんどです。



そもそもこのような交通手段は違法で、

政府から取り締まれてたです。

しかし、1967年の暴動事件で、

バス運転手がストライキを行ったため、

市民の足は相当足りなくて、

ミニバンが九龍まで走り回ることが政府からの容認を得て、

一気に人気になり、

座席も9から14になり、

合法化になったのが1970年、

政府から経営ライセンスを発行するよりなりました。

それは赤いミニバスの誕生です。

緑ミニバスの誕生と言うと、

ピークからセントラルの1号線ですが、

1972年に政府から推進して、

試し運行の成功を収めた後に定着した。

最初は香港島内限定された路線ばっかりですが、

1979年以後、

九龍、新界にも進出を果たしました。

1988年から、

座席も14から16になり、

現在に至ります。

0 件のコメント :

コメントを投稿