2016/09/13

最優秀主演男優賞が行く~榮興茶餐廳

土瓜灣って、観光客にとってはまったくメジャーなところではないが、

香港映画好きな人にとっては、たまらない場所かもしれません。

有数の映画のロケ地も土瓜灣で行った、

その中で、【男たちの挽歌】、【恋する惑星

インファナル・アフェア 無間序曲】は日本にも大ヒットでしたね。

香港映画以外、

アメリカの【トランスフォーマー/ロストエイジ】も土瓜灣で撮影しました。

まさに映画ロケ地の重鎮になっています。


アーロン・クォックが初めて香港アカデミー賞と称される電影金像奨で、

初めて最優秀主演男優賞を受賞した作品~【踏雪尋梅】のロケ地ですが、

土瓜灣の何ヶ所もその足跡がみつかります。

例えば今日ご紹介したい「榮興茶餐廳」です。

住所があったからこそ、すぐみつかりましたが、

普段通り過ぎても、気づかない場所にあります。


お店自体は30年歴史以上もありますが、

80年代を感じさせる外貌はいかがでしょう。


店内の内装は開店当時からのままと見受けられています。

まだランチタイムでもそれほど混みませんでした、

周辺には商業施設や工場など皆無で、

地元しか来ない雰囲気です。


既に着席した私ですが、

映画の中でアーロン・クォックがどこに座ってるか探し始めている、

どうも下記写真の右下のテーブルのようですね。


せっかくだから、映画のシーンを写真にしました。

すり合わせてみましょう。


間違いなくこのテーブルです。

あれ!?椅子が変わった!!!


もしかして、映画の撮影の後、店内の椅子を変えたでは。

究明できないまま、ランチセットを注文しました。


そいえば、

インタビューでアーロン・クォックもここの奶茶を大絶賛した。

ちょうど持ってきたので、早速頂きます。

確かにコクのある甘みでした。まずまずですね。


ご飯は菠蘿咕嚕肉 (パイナップル入り酢豚)、

一般的茶餐廳あるべき水準です。

もちろん完食でした。

ちなみに、

アーロン・クォックが食べたのは紅燒豆腐飯(厚揚げ豆腐の煮込み)でした。


会計する時に、オーナーがアーロン・クォックと撮った写真を見ました。

映りは悪くてすいません。

わかりますか?一番右の写真です。


本当にごく普通の80年代の茶餐廳ですが、

若い時に一本の通りにも何軒が存在してるのに、

今だと、ある程度下町に行かないと、

見つからないもので、だから貴重になってきます。ね。


また、【踏雪尋梅】の中にもう一軒さらに古い茶餐廳でロケしてました。

それは以前もご紹介した【永香冰室】、

今度土瓜灣に訪れる際に、セットで立ち寄ってみてください。

土瓜灣でたぶんまだまだなんか隠れています。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿