2016/03/11

意外な収穫~華香園

わざわざ尖沙咀に行くことはほとんどない香港魂、

前日、「あの幻のミルクティー」のために行って来た。

この店は海防道臨時熟食小販市場にある、

35年も臨時としてるが、

中の一角には数多く「大排檔」が潜んでる、

今回のターゲットは「華香園」。



一見ごく普通の茶餐廳の大排檔ですが、

実はここのミルクティー作りは少し変わってる、

見慣れてるアルミティーポットではなく、

漢方薬を煮る壺を使用してる、

香港には極めて少ない、片手では数えきれるほど珍しい。

これで出来上がるミルクティーは激うまという情報を聞いて、

訪れてみるわけ、それ以外、

「秘製豬扒」も有名だよと店員から言われ、

じゃ、秘製豬扒のマカロニでお願いした。


ちょうどランチタイムで、中は激混みです。

久々缶詰め状態の取材です。  
  

ホットミルクティーは1分も経たないうちに来ちゃいました。

さすが味わってみよう!

正直に言うと、うまいじゃうまいが、

アルミポートでできたものとの区別は付けれない。

やっぱり人少ない時に来るべきかと動揺した、

じっくり飲める環境なら、また印象、集中力が変わってくるだろうね。


次に来た秘製豬扒とマカロニの印象は今でも鮮明ですよ、

秘製豬扒とは特製ポークチョップということですが、

まさにとてつもない味をするポークチョップ、

名古屋の手羽先風なチャーシューの味と食感、

香ばしくて、あっさり味するマカロニにはピッタリ!


しかも、かなりのボリュームで、

もうホッとミルクティーの存在すら忘れてしまうぐらい衝撃でした。

絶対おすすめです、

これこそ大排檔の実力でしょ!

ちなみに、お会計は46HKDでした、

尖沙咀だから、仕方なく、飲み込むしかありません!


全ての店員さんが親切だったので、

改めて、なぜこのような壺でミルクティー作りをするか聞いてみた。

茶の温度、質は変化しにくく、

出来上がるミルクティーが滑らかになるからと答えてくれた、

飲んだ後で聞いたので、本当に滑らかでしたかな?

やっぱりもう一回来るべきですねと心から決めた。  

  

どころで、海防道臨時熟食小販市場の場所はご存知ですか?

もしかして、よく往復しても気づかれてないかもしれません。

九龍公園の反対側に、ちょうど橋の下に入口がある、

最初はお花屋さん、フルーツ屋さんしか見れてないが、

どんどん進んできくと、

この先に行きそうもないどころに通り抜けたら、

トタン屋根の下に大排檔が集結されてる一角が見えるはず。

クーラーのない空間なので、

お試しなら、夏になる前の今でしょ!?


↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿