2015/07/18

ジャックフルーツの解剖

世界最大の果実と言われるジャックフルーツ
(広東語:大樹菠蘿)ですが、

以前家でさばいた画像をみつかったので、

ぜひ、公開したいと思います。





この黄色になったジャックフルーツは既に熟したもの、

当時、家の中に強烈な甘い匂いを漂ってた。

経験者による、

切り分ける際に、果実までの部分は粘々感の液体が流れ、

ナイフなどの道具に油をつけたほうが残らない、

そして、必ず手袋をすることを勧められた。

わたしは当日着用したが、

結局手に多少ついてた記憶があります。

かなりへたくその切り方をしたので、

種の周囲に果肉と他の果肉との間に仮種皮がみえにくいです。

仮種皮からちゃんと食べれる果肉を少しずつ仕分けていけば、

丸ごと一個のジャックフルールの食べれる果肉かなり多い、

かかる時間も思った以上長かった、

2,3時間ないと終わらないです。


そのため、

今スーパーで販売してるバックされてるジャークフルーツ、

非常にありがたいです。

私、あれから二度と自らさばかないことになった。

0 件のコメント :

コメントを投稿