2015/04/20

花牌

街中、たまに派手な看板を見たことあるだと思います。

ビルの2、3階まで登る高さも、

昔から、一般市民への重大な発表事項ある時、

まつりの開催、レストランのオープンなど時、

この巨大の装飾は欠かさない。
広東語で「花牌」という、

起源は中國建築の牌樓の延長からと、

庶民が宮廷の吉祥裝飾を真似して出来たという諸説もある。

50年代から、

宣伝手段あまりなかった、

花牌を製作するにはたくさんの工具を使う、

話題作り、集客目的で「花牌」を利用するようになった。

ハサミ、ブラシ、ペンチ、ホチキス、糸鋸、のり、筆、

鐵線、竹くし、竹などなど、

ビデオを見てもらうとわかると思いますが、

とても時間かかる作業だね。

その構成は大体イラストの通りで、

文字は上から下へ、

右から左へ。

以前、「花牌」の高さは高ければ高いほど、

多くの人に脚光を浴びることによって、

「花牌」はどんどん高くなっていく、

そして、安全性を考慮し始めて、

縦から横に変化して来る。

一般の大型「花牌」の製造時間は15日~20日ほどかかる、

イギリス植民時代に、

エリザベス女王が香港の愛民邨を訪れた際には、

「Welcome Queen and Prince」の花牌も作られたことから、

一時的にも話題になった。

しかし、最近になると、

花牌を作る人も使う人も、

昔に比べたら、

少なくなっている。

将来はこの風習がなくなる危機は大です。

0 件のコメント :

コメントを投稿