2014/08/04

香港の名滝

ここは”瀑布灣’<Waterfall Bay>、

香港島の南西部にあります。

華富邨のすぐ近くです。

写真はとても綺麗ですよね?

1750年代時、ここはもっと綺麗だそうです。

(写真:Zeus Tam )
当時、イギリスは中国と貿易が盛んできて、

特に中国の最大貿易港~広州への往復が多かった。

ある日、イギリスの貿易船隊が広州に行く途中、

このWaterfall Bayを偶然見つかった。

しかも、この滝の水がきれいで、おいしく、

条々に評判が広がり、

場所的に南丫島に面して、

風を交わす最適場所となり、

船隊がここで止まったり、

休憩、給水にとってもびったりと思われるようになった。

次第に、イギリス人が地元と交流が増えて、

香港のことが知るようになって、

そして、香港島の裏側にはもっと水深な港が知った。

今後中国との貿易がもっとスムーズ進むために、

香港を基地にした方がよいと思うようになった。

それはイギリス人が香港を占用する考え方のルーツだった。

今、この滝はまだ存在していますが、

以前よりはあまり綺麗になくなったようです。

写真はとてもうまく撮れたので、

使わせて頂きました。

0 件のコメント :

コメントを投稿