2014/06/16

植民地のルーツ

初めて香港の地で、

イギリスの旗を指された場所~”水坑口街”(Possession Street)

水坑口街は上環(Sheung Wan)にあります。


阿片戦争の末、

1841年1月20日には琦善とエリオットの間で川鼻条約

(広東貿易早期再開、香港割譲、賠償金600万ドル支払い、

公行廃止、両国官憲の対等交渉。

後の南京条約と比べると比較的清に好意的だった)が締結された。

当時イギリスの海軍将校Edward Belcherさんが軍艦を率いて、

香港島の西に上陸し、

丘のようなハイランドで軍のキャンプとして使用された。

1841年1月26日の朝、国旗掲揚と発砲セレモニーを行って、

正式に香港を占領したをアピールしました。

最初、海からこのハイランドまでの道を建築し始め、

この場所はPossession Pointと命名した、

占領ポイントという意味です。

その後、地元の反感を減らしたいため、

水溜りのような地勢特徴を利用して、

道の名の漢字は”水坑口街”にしました。

現在この街の近くにある”荷李活道公園"ですが、

当時のキャンプ地という説があり、

公園中にもこの部分の歴史や写真が記載されます。

香港の植民地のルーツはここから始まるとは過言ではないです。

0 件のコメント :

コメントを投稿